瓶詰ブログ

見た目は四十、心は中2

投票率が上がるに越したことはないけれど

最近、各界から「投票に行こう」というメッセージが発せられることが増えてきている気がする。特にタレントさんなどの政治発言はそれなりにリスクのあることなのだろうし、その勇気は素直に称賛する。おそらく全体としては良い傾向なのだろう。投票を促す人…

小山田圭吾問題:インタビュー記事の原文を読んで考えたこと

当エントリーはいったん書きあげて公開したのですが、その後様々な意見に触れたり原文を読み直したりして本件に関する考えが多少変化しました。そのため全面改稿して再アップします。 ※さらに一部加筆修正しました(2021/7/26) 以下の私の意見は「インタビ…

ゆたぼん氏の件で考えた、自由なモンスターとの付き合い方

すでに旬を過ぎた話題ではあるけれど、炎上ネタを取っ掛かりにして「自由ってなんだろう」みたいなことを考えてみようと思う。YouTuberの話題作りに乗っかるわけではないが何となく心に棘が刺さった気がしたので自分自身のケアのためにも感想をまとめておく…

マインクラフト 統合版でベータ版からリリース版に戻せない時の対処

先日、Minecraft統合版のベータ版をプレイした際に起きたトラブルとその解決策を記します。同じような状況の方がいたら何らかの手助けになればと思います。 【現象】 ファミリーアカウントでMinecraft統合版のベータ版を導入。 最初、子供のアカウントでベー…

まだ格闘ゲームで消耗してるの? 趣味の最適化 ゲーム編

四十も半ばに差し掛かり、僕も人並みに人生の残り時間が気になるようになってきた。 仮に70くらいまで元気でいられたとしてもあと25年程。大して時間は残されていない。 そこで人生の可処分時間を何に配分していくか、あらためて考えることにした。日頃過ご…

いい大人がコミケに行っている場合かどうか考えた

先日、いわゆるコミケ(コミックマーケット95)に行ってきた。40歳を過ぎての初参加だ。 マンガ・アニメ界隈には多少こだわりというか「オタク系文化を受容しつづけること」をずっと意識してきた自分ではあるけれど、このコミケというイベントには縁がなかっ…

格ゲーはバカと暇人のもの、なのか 〜格闘ゲーム雑感

ここ3カ月ほど格闘ゲーム熱が高まっており、ゲーム可処分時間の多くを鉄拳7(PS4)に充てている。 格ゲーというのはとにかく覚えなければならないことが多く、また入力の手捌きそのものの修練も必要で、つまり人並みのプレイができるまでの時間がものすごくか…

(メモ)「中二病でも恋がしたい!」続き

「中恋」後半を視聴。 中二病を卒業して「普通」に振る舞うリッカ。 周囲にも徐々に馴染んでいく。 家族とも和解し中二病からの卒業を果たす。 一連の流れの中で凸守の存在が物語に厚みを持たせていた。凸守は六花の卒業を受け入れられずに中二病に戻ってく…

(メモ)「中二病でも恋がしたい!」への期待

「中二病でも恋がしたい!」 2012年の作品ですね。AmazonPrime で8話くらいまで視聴。 以下は公式サイトの第1話のストーリーから引用。 中学卒業と同時に、富樫勇太は「中二病」を卒業した。暗黒時代の自分を知る生徒が一人もいない高校に進学することで、勇…

体罰と感動物語とDV

内田良「教育という病」を読んで。 組体操の巨大化における危険性や部活動における教員の無償労働などに着目し、それらの問題が「教育における感動物語」によって隠蔽されてしまい、検証がなされないことを批判している。 この中で体罰を扱う項目があり、興…